スマブラ成長記~下手でも楽しみ方はある~

(2014-06-24)
 どうも。2年演者のナベシンことシンノスケです。
 更新が遅くなってしまいました。最近までブログにログイン出来ないという不具合が生じていたので。。。申し訳!
 遅くなってしまった分、少し長めに書こうと思います。
 

 突然ですが、皆さんはテレビゲームをしますか?
 幼少期からゲームに関しては「やりたければやっていいけど、その代り自分で買え」という方針を親がとっていたので、全くゲームをやらずに僕は育ちました。
 ん、買えばいいじゃないかって? いやいや、高1まで月1000円のお小遣いですよ、シンノス家は。高2の時に、母親が思い出したかのように「そういえば、お小遣いの金額上げるの忘れてた」って言い出して、やっと月3000円になったぐらいですから。バイトも禁止されてましたし。

 まあでも、趣味と言えば「読書・スポーツ観戦・音楽鑑賞」の3つしか思い浮かばないような少年でしたので。書籍代はいくら使っても領収書さえもらってくれば出してくれる親でしたし、スポーツはリビングのTVや親のPCで観れば無料ですし、音楽CD代だけ気を付けていれば何とかやっていけましたね。 
 昼食は親の作る弁当。コンビニやゲーセンに寄る習慣も特になかったので。でも、たまに食うコンビニのおにぎりが好きだったんですよね。特に海苔がいいんですよ。海苔が。


 ただ、そんな感じに思春期をすごした僕も大学生となり、大人となり、ついにゲーム童貞を捨てることになるのです。

 そう、千葉大学スマブラサーク「S-MASH」、別名お笑いサ・・・・・・ではなく、千葉大学お笑いサークル「P-RITTS」、別名スマブラサークルに入部してしまったので。
 というわけで、今回は「スマブラ」について書きたいと思います。 当然のことながらゲームに関しては、思春期どころか離乳してるかどうか怪しいレベルの僕ですので、当然の如く苦労するわけですが、そんな僕の奮闘記をどうぞ。


 
 大乱闘スマッシュブラザーズ、略して「スマブラ」。僕も当初は「自分はゲーム苦手なんで。」と言い張り、ゲームは頑なにやらず、部室にいる時は先輩方との話を楽しんでいました。その方が楽しかった(というか今もそう)です。
 ですが、あまりに皆さん楽しそうにやるので、興味をそそられて、確か夏休み前ぐらいから、やるようになりました。
 実は僕も全くの未経験者ではありません。小学校の頃に数回ですが、友達の家でゲームキューブで大乱闘したことがあります。しかし、いつもビリで直ぐに交替させられるので全く上達はしませんでした。
 ただ、仮にそこで上達していてもP-RITTSでは苦労することになっていたでしょう。
20140613151154f6d.jpg
 P-RITTSには64(ロクヨン)のスマブラ文化しかないのです(今年度になって、急にその状況が一変したのですが、そこら辺については割愛します)。 
 実際、ゲームキューブやWiiのスマブラ経験者の同期も、最初は苦戦していました。

 
20140616161553459.jpg
 「キツネってかっこいいよね。」っていう単純な理由で写真右側のキャラクター、フォックスを使用していました。

 P-RITTSスマブラ・ルールその1
20140613155017030.jpg
 ステージは「プププランド」
 基本的にこのステージ以外では戦わないみたいです。

 P-RITTSスマブラ・ルールその2
20140615211629c61.jpg
 「回復アイテムは取らない」
 上の画像でフォックスの隣にあるハート型のアイテムの他にも、トマトのよう回復アイテムもありますが、皆さん取りません。CPを交えての対戦の時、部員は絶対に取らないのでCPがノビノビと回復してきます。
 
 Ⓑボタン攻撃「ブラスター」。
20140615211653d36.jpg
 初期の僕はこれしかしませんでした。何故かというと接近戦で戦うのが怖いから飛び道具の方が安心出来るからです。

 しかし、僕のスマブラの師匠兼P-RITTSの座長ノムさんに「スマッシュ」を使えと言われたので練習しました。
 だがしかしBUT、これが中々上手く行かないんですよ。
20140616160448ef6.jpg
 上はキューブのコントローラー。 右側にある黄色のスティックを攻撃したい方向に動かせばスマッシュが出ます。
201406161604311d8.jpg
 しかし、こちらの64のコントローラーでは真ん中の灰色のスティックを攻撃方向に動かすと同時に、Ⓐボタンを押す必要があります。
 ですが、自分が操作すると、どうしてもタイミングがあわずに弱いⒶ攻撃や、移動からのⒶ攻撃になってしまうのです。

 次に、教えらえたのが「投げ」です。
20140616154656d93.jpg
 上の画像は、ちょうどフォックスがドンキーコングを掴んでいて、投げる寸前です。
 ゲーマーの方々に聞くと、キューブのスマブラ(デラックス)では投げ技が非常に弱いらしいです。 ですが、64ではコレが非常に強いです。何度もこれで殺られました。 これは割とすぐに出来るようになりました。

20140616160237965.jpg
 
2014061616025292e.jpg
 ですが、掴んだ相手を後方により遠く飛ばす「後ろ投げ」や、上の2枚の画像のように掴んだアイテムを任意の方向(↑→↓←)へ投げる動作が中々できませんでした。 いや、正直に言うと今も出来ないです。
 
 思うに、Ⓑボタンだけで打てるブラスターとか、Ⓐボタンだけで出来る前投げのように「ボタンを押す」だけの動作はほかの人と同じように出来るんだと思います。 ただ、そこに「同時にスティックを動かす」という要素が入ると全くダメになってしまいます。
 要するに、左右の手で同時に2つのことが出来ないタイプなのです。ピアニカは弾けますが、ピアノは無理なタイプです。
 でも、2つ同時に出来ないということは浮気出来ないということですよね? いやー、安心して付き合えるいい男ですなぁー。
 (え、お前は浮気どころか 一人とも付き合ったことねーだろって? .......やかましいわっ!)

 そんな不器用の極み、ナベシンが生んだ技(?)があります。
 まずは正しい操作から。
20140616154754c88.jpg
 攻撃を受け場外に出されてしまいました。ここからステージ上に「復帰」したいわけです。
20140616154820c24.jpg
 この時「スティックを上に向ける」という操作と「Ⓑボタンを押す」という操作を同時に行う、↑Ⓑ (うえビー)を行うと...
201406161549054bd.jpg
 こんな風に上へ大きく跳ぶことが出来ます。これにより「復帰」ができるのです。

 しかし、この2つの操作のタイミングがズレて、Ⓑボタン単体で入力が行われると・・・・・・そう、接近戦嫌いのナベシンお得意の「ブラスター」が出てしまうのです。勿論、ブラスターで「復帰」は出来ません。
 この様子を見続けていた、僕のスマブラの師匠兼P-RITTSの座長ノムさんは、この失敗・・・・・・いや、この「妙技」を僕のあだ名を文字って「ナベス」と名付けてくれました。

 僕らが普段使うコントローラは、随分古いので熟練者の方々も時々↑Ⓑの「復帰」を失敗します。その時に、どのキャラを使っていても「ナベス(笑)!」と言うので、フォックスのブラスター以外の場合でも使うようになりました。
 しかし、僕的にはフォックスでの「ナベス」が一番好きです。Ⓑボタンが「飛び道具」でないキャラだと「ナベス」したのがわかりにくいですし、障害物に沿って動く技だと場外では遠くに飛ばないのです。それに比べると、フォックスの「ナベス」はなんと美しいことか。
20140616162940887.jpg
 見てください!このナベス界で最も美しいとされる『プププランドのステージ下を横切る、フォックスの赤きブラスター』を!!
 2014061615521134e.jpg
 無残にも真下へ落ちていくキャラクターと、相手キャラにも障害物にも当たることなく画面下を横切る赤いビ―ム。
 うん。実に美しい。

 一度だけ、反対側で復帰しようとしている対戦相手にブラスターが当たってしまったことがありましたが、あれは美しくないです。 ただの復帰ミスです。いや、ただの復帰ミスの方がまだいいです。人を傷つけるなんて許せません。
  とにかく、下手故に(思いもかけず)炸裂させることができる『必殺』技をあみ出して、楽しみが増えました。


 そう言えば、サッカーブラジル代表のフッキ選手と日本代表の長友選手って似てませんか?
nagatomo.jpg

ダウンロード
 あれ、そう思ってるのぼくだけですか?

 話を戻しましょう。
 
 フォックスでの戦いに限界を感じ始めた僕は、他のキャラクターをいくつか試しました。その結果、「カービー」が使いやすいという結論に至りました。そう、かの有名な赤玉、カービーです。

 カービーを使い始めて、新たに「メテオ」という技を覚えました。
2014061615590003e.jpg
 まずは、攻撃により相手を場外に追いやり、ジャンプで追いかけます。

20140616160021001.jpg
 敵の上につけたら、↓Ⓐ(したエー)を入力します。いわゆる空中下Aをすると、相手は真下に落ちていきます。 スマッシュや投げ等と違い、相手にダメージが蓄積されてなくても倒すことが出来るのでこれが使えると逆転しやすくなります。

20140616160043eb7.jpg
 敵を突き落した後は、ジャンプでぷかぷか浮きながら復帰します。
 
 201406161604311d8.jpg
 カービーの使いやすいところは、↑Ⓑを使わなくとも、右側の黄色のⒸボタンの連打で連続ジャンプが出来るので復帰がしやすい点です。

 せっかくカービーを使っているので、P-RITTSスマブラあるあるを一つ覚えてもらいましょう。

 P-RITTSスマブラあるある
2014061616031046f.jpg
 「ハンマーを取ると落とされる」
 このハンマーは非常に強力なアイテムなのですが弱点もあり、プリッツのスマブラがち勢にかかると、あっという間に吹っ飛ばされます。

201406161601219e2.jpg
 そんなことは知りもしないCPのドンキーは、ハンマーを取り暴れています。
 まずは、吹っ飛ばす為に連続ジャンプでドンキーの上につきます。

201406161603289e5.jpg
 ↓Ⓑ(したビー)で「ストーン」を繰り出します。

20140616160355a81.jpg
 綺麗にすっ飛んでいきました。ストーンだけにね。。。。。(そんな目で僕をみないでっ!)
 はい。ハンマーを持って場外に出されてしまうと、復帰できません。重みで落ちていきます。
 

 最後に最後に。撮影の為にプレイしてくれた、僕のスマブラのもう一人の師匠兼P-RITTSもう一人の座長もっちゃん。
 201406161602193cb.jpg
 彼は、スマッシュ成功率が0%でスマブラを中々楽しみきれていなかった頃の僕の為に、「チームバトル」でCP相手にダーメジを与え場外まで出してくれてⒷボタンだけで済むブラスターで僕が敵を倒せるようにしてくれたり、敵にダメージを与え僕に有利な状態にしてからスマッシュの練習をさせてくれたりして、スマブラの楽しみやコツに気付かせてくれました。
 チーム戦で徐々に上達しながら、レベル9まであるCPとの対戦をレベル5ぐらいから始めていった僕を夜遅くまでずっと見守っていてくれて、何度も繰り返した挙句に僕がレベル9に自力で勝った時には一緒に喜んでくれました。
2014062320283971c.jpg
 この画面になった時の興奮といったらもう!忘れられませんねぇ。

 カラオケの記事で書いたことを思い出しますが、苦手なものでもハードルを下げて楽しさを教えてくれる人がいるだけで、それに対する考えがだいぶ変わります。 いきなり自転車に乗るのは怖い子も、補助輪付きで走っているうちに二輪で走りたくなってくるものです。彼がその補助輪になってくれました。
 今でもスマブラをはじめゲーム全般苦手なのは変わらないんですけどね。

 にしても、初めてレベル9のCPに勝ったその日は、熱中しすぎて終電を逃しかけましたよ。
 あの時はフォックスよりも速く走った気がします。もう、閉まりかけたドアに向かって↑Ⓑ(うえビー)で突進する勢いで。
 まあ、さすがにナベスはしなかったですけどね。
 
 

 



 

 
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉大学お笑いサークルP-RITTS

Author:千葉大学お笑いサークルP-RITTS
千葉大学にある唯一のお笑いサークルです。
2013年10月以前の活動はこちらからどうぞ。

活動内容
Q&A
メンバー紹介
ラジオ投稿
活動記録
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR