7月ライブ開催宣言 Part2

(2014-07-22)
 ウルトラ蒸しあぢーな。
 どうも、映画「ピンポン」に影響されて、時々主人公ペコの口調を真似てしまう、中2病患者の大学2年生、演者のシンノスケです。 ブログマラソンも遂に15回目の更新です。 P-RITTS進化論2へ移行してから45個目の記事みたいです。


 前回の記事(読んでない方はコチラから)で触れた、「月1開催に拘る理由」について書きたいと思います。

 話は去年の6月まで遡ります。
 5月のデビューライブを終えたばかりの僕は、すっかり疲れ切っていて次のライブへのモチベーションを失っていました。
 今でこそ、ネタについて考える時とそれ以外の切り替えができるというか、いい意味で「抜き方」を覚えたので上手くやっていけていますが、デビューライブの時なんか、「それしか頭にない」状態が何日も続いていたので、疲労度がとてつもなかったんです。
 
 デビューライブで組んだ相方にも一応誘われたのですが、向こうが別のコンビでも出ると言っていたのもあり、断ってしまったので相方も見つからないかもしれないし、ちょうど良い気もして6月は休もうかなと思っていました。
 同じ1年生コンビ「こっちゃん南ちゃん」の2人とも、「疲れたから6月は『ザ・スタッフズ』を結成して裏方として大活躍しようぜ。」なんてことを冗談半分に言い合って笑ってました。 今思うとなんも面白くないことが逆に面白いレベルの発言ですが。。。

 
 そんなヘタレ芸人の僕のやる気をスイッチを押したのは、個別指導学習塾のスクールIEでは勿論なく、当時のP-RITTSの公式ブログ「P-RITTS進化論」の記事に対するある方のコメントでした。 
  


 『本年度から千葉大学ロースクールに進学した者です。
 毎日夜遅くまで学校で勉強して家には寝に帰るだけという辛い生活の中で、毎月のプリッツさんのライブはもう     究極の癒しです! 毎月仲間たちと一緒に観に行くのを楽しみにしています! 月1でライブを開くお笑いサーク    ルが存在する大学の院に進学(したこと)を仲間一同心から感謝しているほどです!
 今月も楽しみにしています!
』  (括弧内は筆者による補足)

 元々、お笑いには殆ど興味なかったのに入っちゃった人間だったんですけど、これ読んで何かが変わったんですよね。自分の中で。
 なんか嬉しいじゃないですか。人に感謝されていることが。必要とされていることが。

 そうしたら、内なる自分が問いかけてくるわけですよ。
 毎月のライブを楽しみにキツイ勉強に耐えてる人がいるのに、お前に笑わせてもらうのを楽しみに辛い勉強と向き合ってる人がいるのに、お前はのんきに休んでいられるのか、と。
 まあ、一回しかライブに出たことの無い1年坊主の僕のネタを楽しみにしてくれてるわけではないのは重々承知でしたけど、それでも使命感にかられて大急ぎでネタを作りました。 誰ともコンビを組めないかもと焦りましたが、3年生のかなほさんが気を使ってコンビを組んでくれました。

 そして、そのかなほさんが見せてくれた過去のライブのアンケートが、またまた僕のヤル気スイッチを押してくれました。

 ネタ合わせを終え一緒に食事をしていた際に、「なんで出る気になったか」の話になり、先のコメントの話をすると、かなほさんが携帯の画像で、5期生(僕の4つ上)の卒業ライブのアンケートを見せてくれました。



 『ご卒業おめでとうございます。
 地方から、息子は千葉大学に進学、知り合いが一人もいない状態でのひとりぐらしスタートでした。
 帰省するとプリッツの話をしてくれました。
 ファルセッターさん、ニッパチなどコンビ名などたくさん教えてくれましたが、覚えきれませんでした。
 本日は、息子がプリッツの卒業公演があるからと、たまたまこちらに来ていた私を誘ってくれました。
 寂しいひとり暮らしのスタートだったと思います。
 プリッツのみなさんに笑顔をもらったのでしょう。本当にありがとうございました。
 息子もサークルに入れてもらったらいいのにと思いました
。』

 アンケートの内容を外部に公開するのはあまり良くない気もしますが、きっとこのアンケートを書いてくれた方なら許してくださると思ったので、そのまま引用しました。部室にアンケートが残っていたので。
  
 
 
 以前、大学近くの飲食店にサークル員と行った際に、酔っぱらった千葉大生から「しょせん、お笑いサークルなんて...」と言われたこともあったんですよ。 まあ、いい気はしないですけど、腹は立たないというか、しょうがないとおもうんですよ。 なんせ、やってることが「お笑い」ですからね。馬鹿なことをやって笑ってもらうサークルですから、馬鹿にされることも覚悟しなきゃ。
 ただ、そういった一方で僕たちの活動を「究極の癒し」と言ってくれたり僕たちの存在に「感謝」までしてくれる人、自分の息子が「入ったらいいのに」と思ってくれる人がいることが、すごく支えになるんですよ。
 で、おこがましい言い方になりますが、もしなれるのなら、僕はそういった人たちの支えになりたいんです。

 まあ、突き詰めれば自己満足なんでしょうね。やっぱり、真剣にやってると少しでも、無理矢理でもそこに意味や価値を見出したくなるんですよ。バカはバカでも、真面目にバカやってますから。本気なんです。


 で、話を戻します。「毎月の」ライブを楽しみにしてくれている人がいるかもしれない。「毎月の」ライブを心の支えにしてくれている人がいるかもしれない。 今月たまたま嫌なことがあって「笑い」を求めている人がいるかもしれない。 そう考えると、テスト期間でも休んでいられないんです。

 もちろん4日間連続、計9ステージを行う大学祭直後の11月とか、1月とかは去年も開催できなかったので完全な「月1」が難しいのはわかってます。ただ、1月は開催しなくても12月と3月の卒業ライブまでの期間が2ヶ月なのに対し、7月を休むと6月から10月までの間に3ヶ月もあるわけで。 そして7月は去年出来てるし。

 そいうわけで、7月ライブは絶対にやりたいのです。 


 テスト勉強に疲れ、モチベーションの低下したした金曜の夕方に、是非とも究極の癒し――自分で言うとめちゃくちゃ恥ずかしい――を求めに来てください。
 ライブに来た人はきっと勝ち組ですよ。ダラダラと勉強してた人達よりもモチベ―ションが上がってますから。
 僕らが、「君だけのやる気スイッチ」を押してあげます!!


 P-RITTS番外ライブ ~ALL YOU NEED IS “Laugh”~

 日時:7月25日(金)
 開場:17時40分
 開演:18時00分
 場所:大学会館3F第一会議室 (学食の上です。 詳しい場所は→こちらの記事にて

 入場無料 入退場自由  ぜひお越しを!!


 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

いい記事ですね。

Re:

 なななななしさん、コメントありがとうございます。
 今後もP-RITTS進化論2をお楽しみください!
プロフィール

千葉大学お笑いサークルP-RITTS

Author:千葉大学お笑いサークルP-RITTS
千葉大学にある唯一のお笑いサークルです。
2013年10月以前の活動はこちらからどうぞ。

活動内容
Q&A
メンバー紹介
ラジオ投稿
活動記録
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR